五十路マダム~岡山~

五十路マダム~岡山~ 小野寺雅代

10/21(土)10/22(日)10/23(月)10/24(火)10/25(水)10/26(木)10/27(金)
--------------
  • 五十路マダム~岡山~小野寺雅代1枚目
  • 五十路マダム~岡山~小野寺雅代2枚目
  • 五十路マダム~岡山~小野寺雅代3枚目
  • 五十路マダム~岡山~小野寺雅代4枚目
  • 五十路マダム~岡山~小野寺雅代5枚目

男性を一人しか知らない巨乳未

小野寺雅代(55)

T156 B98(E) W78 H91
写メ日記
新人

基本プレイ

オプション

店長からのコメント

 30年前に亡くなったご主人以外の男性を知らないという、業界未経験の未亡人「小野寺雅代(おのでらまさよ)」さんが五十路マダム岡山店からデビューいたします!!!  ご両親に箱入り娘として大切に育てられ、幼稚園のころから私立の女子校に通っていた雅代さん。中学高校と多感な時期も異性との交際は禁止。10代のころに男性と接したのはお父さんと学校の先生だけというからビックリ!!!  男性に対する免疫もないまま大学に進学した彼女。ところが「女子大やったのもありますし、相変わらず男性と付き合うことはなかったですね(笑)」と、女の操どころかキスの経験もないまま成人したのです。そして就活を始めようと思っていた21歳の春、お父さんの仕事関係で付き合いのある12歳年上の男性とお見合いをすることに。  「全然タイプやなかったし、父に言われてお見合いをしただけやったんですけど…」と、本人は形式だけのお見合いだと思っていたらしいのです。しかし、このお見合いはお父さんの商売に必要な取引先の男性が相手という政略的なものだったのです!!! それを知らない彼女は、好きでもない男性と結婚をすることになってしまったのです。  結婚式で初めてのキスをし、新婚旅行先で初夜を迎えるという、今の時代では考えられないような経験を経て新妻になった彼女。お互いの事をほとんど知らないままスタートした新婚生活は「お互い敬語を使って、相手に対して質問ばかりしてました(笑)」という一風変わったのも。  夜の営みも「あまり気持ちいいと感じたことがなかったし、年に数回ある程度でした」と、セックスで満足したことは一度もなかったんだそうです。ところが「主人にさせられることの方が多かったので、お口でスルのは上手かもしれません(笑)」と、25年以上前のフェラ経験を語ってくれました。  そんな雅代さんの結婚生活が急変するのが30歳の時。結婚9年目でお子さんを身ごもった矢先、新しい命と引き換えになるかの如くご主人が病に倒れ、亡くなってしまったのです。親の政略結婚への反発もあり、実家に頼ることなく生きて行く決心をした彼女は、お子さんを託児所に預け、昼夜を問わず働きづめの生活をしてきたんだそうです。  そしてお子さんを無事に育て上げた今、失われた“女としての喜びや楽しみを取り戻したい”という思いが募り、さらに「子供にも苦労を掛けたので、自分の将来の事も含めて蓄えをしておきたくて」と、風俗業界に足を踏み入れる決心をしたんだそうです。  とはいえ、25年もレスな状態ですから、性感帯とか分かります?と意地悪な質問をしてみると「自分でしているので、分かりますよ(笑)」とのこと。実は彼女、今でも週に一度はオナニーをして性欲を解消していたのです!!! が、その方法を聞いてビックリ!!! ナント彼女は今まで自分でクリを触ったとがないらしく、18歳の時から37年間、シャワーでオナニーをしてきたらいしいのです!!! しかし「シャワーを乳首やアソコに当ててするんですけど、シャワーの刺激に慣れてきたのか、最近イキにくいんです…」とのこと。  これはもう、お客様のテクニックでシャワーオナニーより気持ちいい、真の快感を教えてあげてください!!! とはいえ、彼女のアソコは出産後25年間、男性自身はおろか指すら挿入されていないため、ほぼバージンと同じような状態だと思われます。よって、愛撫をする際はとにかく優しくいたわるように、ソフトな攻めを心がけてくださいませ!!!

女の子からのコメント