ちょっとマニアックな願望や性癖もデリヘルなら叶うかも


2016.10.28 

デリヘルを利用する男性の性癖は様々です、例えばちょっとアブノーマルに興味があっても嫁さんには言い出しにくいにもしも頼んだら『変態』のレッテルを貼られて問題となる事は誰が考えてもわかり安いですよね。それだけにそういうアブノーマルなプレイを試したいという気持ちをデリヘルで叶えてみようと考える人も結構いるのです。

アブノーマルなプレイをしたいと考えれば、デリヘルのジャンルのなかで一番代表的なのがSMでしょうか。ハードなものからソフトなものまで、責めるのが好きな人、責められるのが好きな人といろいろです。一つ注意したいのはSM専門店なら何をしても良いという訳ではありません、手加減しなければ大怪我に繋がる可能性もあるだけに価格帯はその内容によりかなり高額設定している場合もあるんです。

ソフトに責められたいと言う人にはM性感というジャンルのデリヘルにもあります。内容はお店によって多少の違いがありますが、お客が受身で女の子に責められるというスタイルが基本です。イメージとして、ランジェリー姿や全裸の女性に目隠しや拘束をされて、言葉責めや、ローション手コキ・足コキで寸止めや焦らしなどで絶頂を繰り返したり、前立腺マッサージというお尻に刺激を与えることで快感を引き出すというのが特徴です。さまざまな道具や器具などがあるだけに、そういう願望がある人ならば楽しみは尽きないでしょう。

ハードなものはSMの専門店でしょうか。本格的な風俗店が乏のですが、M(マゾヒズム)の定義は、肉体的精神的苦痛を与えられたり、羞恥心や屈辱感を誘導されることによって性的快感を味わったり、そのような状況に自分が立たされることを想像することで性的興奮を得る性的嗜好の一つのタイプ。一方S(サディズム)の定義は、加虐性欲ともいい、相手を身体的に虐待したり精神的に苦痛を与えたりすることによって性的快感を味わう。また、そのような行為を想像したりして性的興奮を得る性的嗜好の一つのタイプ、ということです。Sタイプには愛情が必要です、愛情がないとただの拷問になってしまいますから。相手を自分好みに調教するといったところでしょうか。デリヘルでは普通、責めることが好きな人がS、受身が好きな人がMという程度の認識が多いと思いますが、本格的なSMは次元が違って奥が深いようです。

SM専門店だとかなり特殊なオプションや道具も対応できてきます、ドMの男性だとアナルパールなどもあります、ムチでばっちり叩いたりと希望の内容により大きな変化があるみたいですね。癖になるマニアな方は想定以上にいるっぽいですね。もしもマニアックなプレイをしたいと願望があるならちゃんと下調べをしてから望むのが一番安全だと思います、もちろんプレイの予備知識なんかもしっかりネットで検索しておかないと怪我の元にもなりかねませんよね。

野田デリヘルの風俗情報に戻る>

デリヘル情報 デリノート運営事務局