お気に入りの女性に通う常連さんのよくある失敗


2016.10.28 

デリヘルでお気に入りの女性に頻繁に通う男性客は結構いますよね。
そして手土産を必ず持参する人もかなり多いのですが見事に毎回同じ物を持って行く方がほとんどみたいです(笑

デリヘル嬢にちょっとした会話のネタや喜んでくれればとケーキを買っていってら大喜びして貰えた。本当に美味しいありがとうと言われたら、それから毎回逢う度にケーキを持参してくる人になっているという話しは良く聞きます。確かに初回は本当に嬉しいのですが毎回ケーキづくしになると女性としては結構ツライ場合もあるそうです。好意で気遣いをしてくれるのは有り難いとわかるので笑顔で楽しみにしてますと言葉にも出すが、甘いものが続くとダイエットしなくちゃとかタイミング的にさきほど食事したばかりとか女性の都合というのも実際あって結構ツライらしいんです(笑
そしてそれでもケーキが続くとなれば女性は『お持ち帰り』にしようと上手くその場をしのぎます。デリヘルの待機所にさえ持ち帰れば他の女性への差し入れとして無駄なく処分できますからね。それでもひつこく続く場合は待機所のゴミ箱にそのまま捨ててしまう事だってあるのが現実かもしれません。

男性が女性を喜ばそうという好意で喜んだ顔をみたいというのはわかりますが、内容を毎回変える器量の男性は非常にモテますね。今度は何だろう?という楽しみが増えるという意味もあるのですが、そこに気がつくかどうかで大きく評価が変わることに気がつかない男性のが多いみたいです(笑
実はこれお土産だけの話ではなく女性を本当に喜ばすならば、一番大事なのは『飽きさせない事』という話にも通じます、毎回同じシチュエーションと毎回同じ会話の内容、毎回同じ流れのプレイとなれば誰だってパターン化しちゃいます。嫁さんとの関係もそういう部分が少なからず合ったのではと思いませんか?

デリヘル嬢だってやはり女性なので新鮮やちょっとしたハプニングなんかも期待しちゃうのも当たり前かもしれません。もしも最近マンネリでパターン化してしまったかもと思ったら気分をかえて別のお気に入りを探すなんてのも楽しいかもしれません。私は女性に対して一途な思いを思うならばそれは嫁だけで良いのかなとw
パターン化した雰囲気を解消するには、新たな出会いを求めて別のデリヘル嬢と遊んでみるのが一番良い方法です。別の女性との出会いは比較対象としやすく気が付かなかった発見があるかもしれませんね。

野田デリヘルの風俗情報に戻る>

デリヘル情報 デリノート運営事務局