デリヘル送迎のドライバーが待機中にしてはいけない事


2016.10.24 

デリヘルで遠方からお客様の要望があった場合に、現地付近で待機しているデリヘル送迎車って良く見かけますが、気遣いの出来ない送迎ドライバーのせいでデリヘルのお客が減るなんて事もあるんです。

例えば、ラブホテルの駐車場でデリヘル嬢を待つ送迎車を良く見かけます。ラブホテルの駐車場で送迎車の窓から手を出してタバコをぷか~としている姿は、一般のカップルやデリヘルを利用する男性客が見ても決して良い気持ちにはなりません。間違いなくガラの悪いチンピラですねw

デリヘルのお客様にはお気に入りの女性に何度も通う本指名のお客様がいます、何度も通うだけにお気に入りの女性に対する心象は『なんて可愛いんだ』とか『けなげで純粋な女の子だな』とか確実に思って気に入っているから通っているのです。実際にその女性の性格や考えは『金の為』だったとしても、稼ぐためにお客様に演技してでも夢を見せているのが現実ですよね。
お客様から『チンピラ』程度に思われる迂闊な行動を見られると『ああ~やっぱりデリヘルはヤクザ屋さん運営で間違いないね…』と思われてしまっています(笑

一般のカップルは人目に付かない様にラブホテルを利用しています、そのラブホテルの駐車場で車内に人がいると思えば、見られたくないという心境にだってなりますよね。つまりラブホテルの駐車場で車内に男性が一人というのは、他人から見たら本来それだけで十分『不審者』なんですよ!
そこでチラ見されている程度の認識力で、窓から手を出してタバコ吸っているだけで『チンピラ』と思われる場所である事に認識を持ちましょう(笑
ラブホテル側もいつも駐車場にデリヘル送迎車の人間がいると一般カップル客が減ってしまうので、待機時間は短く対応してあげるのが一番いいのです。自分は誰からどう見られようと関係ないやと思うのではなく、待機時間中も仕事をしている認識が必要なんですね。

松戸デリヘルの風俗情報に戻る>

デリヘル情報 デリノート運営事務局