下心で男性がデリヘルの送迎アルバイトをしても現実は甘くない


2016.10.24 

風俗業界の中でもデリバリーヘルスが最寄りで店舗数が多いなど、一番身近な風俗かもしれません。デリヘルは無店舗型という特徴があり店舗型と比べてどこの地域にも多数のデリヘル店が競合しているのが現状だからです。そして働く女性も誰にも知られず高額な収益を得られるとあって、素人の一般女性が集まります。

若くて可愛い女の子が揃うデリヘル店には送迎スタッフの求人募集を掲載していなくても、送迎ドライバーのアルバイトって募集していませんか?という問い合わせは定期的にあるものです。デリヘル店は必ずと言って良いほど女性の募集はしていますが、男性スタッフ募集をしているデリヘル店は極端に少ない状況です。いです。
逆に言えば、男性スタッフ募集を掛けているお店はスタッフが長続きしていないのも現状で、実際問題として男性スタッフを募集しているのが新規オープンのデリヘルならまだしも、長年営業しているデリヘルで男性募集は予想以上に条件が悪かったりするかもしれません。

一つ言えるのが立場によって考え方が違うのです。
1)風俗店からすれば女性が商品であり、如何に良い商品を毎日揃えられるかが勝負です。
2)女性からすれば収益を得るための職場であり手法がヘルスです、男が欲しくて仕事をしている訳ではありません。

軽い気持ちの下心からデリヘルで送迎スタッフを希望する方が多いですが、もしも女性に下心で近寄って口説きだすとどうなるでしょうか? 女の子は客だけでも疲れているのに面倒意外なんでもありません、当然、運営スタッフにクレームを出して内容を告げられます、そして運営スタッフからすればそんな下心丸出しで商品の女性が嫌がれば運営をする上でも悪影響となります。デリヘルという仕事は、スタッフを確保する事で円滑に進める目的であるはずなのに、下心で後先を考えない送迎スタッフがいる事で商品が消えてしまえば本末転倒ですよね。そしてどこの風俗店でも男性スタッフの入店時には誓約書くらいは用意されていますが、下手に商品を口説いて失敗すれば間違いなく誓約書に記載してある内容に問題になります。仕事は仕事とちゃんと割り切っている方なら問題も起きませんが、送迎ドライバーの一番の天敵は女性からのクレームという事をしっかり覚えて置かなければなりませんよ(^^;

幕張デリヘルの風俗情報に戻る>

デリヘル情報 デリノート運営事務局