デリヘルで彼女を働かせる若い男の子


2016.10.27 

一昔前ならば風俗嬢はヤクザの女!なんてイメージが強かったかと思います。実はデリヘルでも彼女を風俗で働かせて自分は自宅で引きこもりをしている若い世代の男の子が多いってご存知でしたでしょうか?
同棲している彼氏が働いてないのは当たり前のようにいますし、凄いカップルになると男の子も彼女が風俗でデリヘル嬢として働いているのを知っているとか、お店の待機所前まで彼氏が送迎してくれることも普通にあるんです。
そういう風俗嬢に共通しているのは、精神的に不安定な女の子。最近の言葉でいうと『メンヘラ』ってやつですかね。

彼女が風俗で働くことを公認

『彼だけは私を裏切らない』とか『あの人は私がいないと駄目なの』とか『あの人が仕事が見つかるまで私が支えるの』などの戯言をキラキラとした目で普通に言ってきます。
そしてその貢いでもらっているダメ彼氏は多くの場合共通して、ひょろひょろと痩せていて割とイケメン、疲れる肉体労働系の仕事は絶対敬遠するタイプで二言目には『疲れた』『ダルい』。好きな場所はといえば自宅でベットといつまでも一緒に居たいというひきこもり大好きというような男の子です。
対する彼女の方も『がんばって稼ぎたい!』というタイプのデリヘル嬢ではありません。売れない、サービスが悪い、自分からはなにもしないというある意味『3ない風俗』でお客様に言われて最低限のマニュアル通りのサービスをゆっくりとした動作でとりあえずやりますというデリヘル嬢が多いです…

そんなカップルの生活は裕福になりません、むしろギリギリ生活する分だけで二人でほそぼそ暮らしており、何かがんばるとは口先だけでどうにもならないだろうなと実感できる子たちです。デリヘル店に対しても『やるやる』詐欺という言葉通りなのです。
慣れてないとかではなく、デリヘルを仕事として見事なまでに『やる気がない』女の子。
当然、リピートするようなお客様はなく、無駄にお店に居づらくなるまで定着しようとしています。
風俗嬢の在籍人数が少ないデリヘル店に意外と多いこの手のタイプ。お店側もチェンジといわれても仕方ないと最初から判っていて案内することもあるので、避けたいならばフリーをやめて指名にしましょう。
怖いもの見たさで『フリー』という罰ゲームないしは大冒険をするのであればともかく、素敵な女の子と遊びたいと思うのであればデリヘルでは指名をするようにしてみましょう。ハズレを引いたことがある男性であれば、その指名料はきっと安いと感じるはずです。
病んでいるデリヘル嬢は紹介文のコメントに明るくとは絶対書きませんw

木更津・君津デリヘルの風俗情報に戻る>

デリヘル情報 デリノート運営事務局