【デリヘル嬢のダイエット】寝る前の3時間に食事はしない


2016.10.25 

デリヘル嬢なら誰しもが気にする体重、売り上げにもダイレクトに響いてくると考えるだけに食事の制限をしている女の子はかなりの割合になると思います。中でも寝る前が一番気をつけたいと思うところ。夜食事をすると太ると言われているには科学的根拠がいくつもあります。

ダイエッターなデリヘル嬢の食事

分子レベルでの立証では、DNAに結合しているBMAL1というたんぱく質があります。一般的な統計によるとこのBMAL1は夜10時頃より急増して朝4時頃より急減しており、BMAL1というたんぱく質は体内リズムとかなり密接な関係をもっていると言われています。そしてBMAL1は『脂肪を蓄える』という効果を持っている為、夜間の食事はこのBMAL1効果によって脂肪蓄積する比率が飛躍的に高くなると言われているのです。
そしてデリヘル嬢が一番気を使う夜間の食事はホルモンバランスも崩します。どういうことかというとホルモンの『モチリン』という物質が『ペプシン(たんぱく質分解酵素)』を分泌するのですが、このペプシンは就寝中に消化管を整備して次の食事(朝食)の受け入れや排便に備える為に胃腸の生理的サイクルに深く関わっています。このたんぱく質を分泌する大事なペプシンは、就寝中に空腹になっていなければ充分に分泌されません。

つまり、夜の食事は栄養として消化されず脂肪として貯蓄されてしまうだけに確実に太り易くなるといえるのです。また、夜間の食事をすると内蔵が一生懸命仕事をしまうので、なかなか寝付けない、お肌などの美容に悪いなどデリヘル嬢にとって良い事が何一つない結果となってしまうのです。胃の消化時間を考慮しての『寝る前の3時間は食事をしない』また、ホルモンバランスの点などからも体重を気にするのであれば夜間の食事は控える様にしましょう。体重が気になる風俗通いの男性にも同様のことが言えるので、お気に入りの女の子に嫌われたくないと思うのであれば寝る前の食事の仕方に気を使ってみましょう。デリヘル嬢もぽっこりお腹は見慣れているとはいえ、スレンダーな男性には魅力を感じるものですからね。

柏デリヘルの風俗情報に戻る>

デリヘル情報 デリノート運営事務局