日本の病院で唯一認められた痩せ薬


2016.10.25 

『サノレックス』という錠剤を服用すると短期間で脂肪を落とせて痩せられると言われています。
入手方法はネットの通販や海外からの個人輸入などでは絶対に仕入れる事ができません、正規に病院に足を運び処方して貰う意外に入手方法がない『管理薬』の部類に入る薬だからです。

入手する為の金額ですが、保険適用なら1錠で70円前後となるのですが、実は保険適用がかなり難しいと言われています。保険適用となるにはBM値が100を優に超えているなどの各種条件があり、わかりやすく言えば並大抵の肥満体では保険適用外となってしまうのです。但し、中途半端な肥満体であっても保険適用になる例外もあります、手術前などで少し痩せさせなければならないと医師が診断して、運動させるにも膝への負担などがあり困難と判断した場合などはもちろん保険適用価格で入手できますが、ちょいぽちゃ程度なら素直に保険適用価格での入手は諦めるしかないですね。現在は『自由診療』という名目で病院で薬を指定して購入可能なのだが薬価価格より割り増し価格なのは仕方ない。原価(薬価)は1錠で200円程度なのだが、病院で自由診療となれば1錠で1000円ほどが相場です。
ネットで調べれば、自由診療の価格で、1錠 500円にて購入できる『病院』もあります。

痩せる目的でのサノレックスの使用方法(飲み方)は、最初の1~3日目は1日1回、1錠で十分ですが、その後は1日1回、2~3錠の服用となります。そしてサノレックスを使っている期間は『利尿剤』の併用を強くお薦めします!

サノレックスの効能として大きく2つある。

1つ目は、通常は人間は運動を開始して20分程度してから初めて脂肪燃焼を始めるのですが、サノレックスを飲用すると、動き始めた時から脂肪燃焼が始まると考えて良いです。簡単に言えば、近所のコンビニまで歩いて5~10分程すると、玉の様な汗が全身から噴出し通常時ではありえないほどの脂肪燃焼効果が体験できるのです。

2つ目の効果として、少量の食事で十分な満足感が得れるというメリット。
サノレックスの飲用により脳内の満腹中枢が少量で満たされる効果を持つ為、おにぎり一つで本人は十分な食事を取った思えるのです。2つのサノレックス効果は、辛い食事制限から開放され、無理な運動をしなくても脂肪燃焼は予想をはるかに上回る結果を出してくれるという事になります。

女性からすれば、何故こんな夢の様な効果を持つ痩せ薬が病院の管理薬として入手が面倒なのかは、その成分に問題があるからです。判り易く例えると、麻薬からラリパッパになってしまう成分を外したから満腹中枢や脂肪燃焼に効果を出せるという話らしいですね。

個人差は勿論ありますが、サノレックスを服用して1ヶ月ほどで10Kg以上痩せたというのは珍しい話ではありません、病院の診療を受けてから入手する痩せ薬というだけあって、あやしい通販の商品とは全くの別物と言えるからです。
サノレックスを服用する事で何か副作用があるのではと心配な方もいると思います、誰もが多く感じる副作用では『ちょっと喉が渇く』『口の中がざらつく』程度の問題です。サノレックスを服用中は飲み物は必要なだけ飲んだ方がいいのですが、サノレックスだけを服用していれば水分が溜まっていて意味がありません、そこで利尿剤を使う事で不要な水分を体外に出す事ができるのです。水分をたっぷりとって利尿剤を使わないと痩せる効果が激減してしまう場合が多いみたいですね。

サノレックスの効果が現れない人

サノレックスを服用しても全くと言って良い程、効果がない人がいます。一言で言うならば『精神的に問題を持つ人』はいくら服用しても見事なほど一切効果がありません。精神安定剤が必要な人、超神経質で目などのパチリ症など精神病院に通っているなどは効果がないのです。それもそのはず、少量しか食べないのに満腹感を感じる薬、近所のお散歩をして滝のような汗と脂肪燃焼、神経系に問題のある方が飲んでも利かないという事ですね。

柏デリヘルの風俗情報に戻る>

デリヘル情報 デリノート運営事務局