市川デリヘルでもお世話になっている大人のおもちゃ


2016.10.29 

最近では女性が堂々と購入するようにもなったアダルトグッズですが、もちろん男性も市川のデリヘルでオプションを利用する時には欠かせないアイテムの1つともいえるでしょう。そんなアダルトグッズですが、日本をはじめ大昔から大人のおもちゃは存在していたと言われています。

大人のおもちゃとアダルトショップ

世界最古のグッズと言われているのが、市川デリヘルが大好きな我々のような男たちが生まれるはるか昔の約28000年前。石を磨き上げて造られた、まさに男性器そのものの形をした石器が発見されている。本当に女性器に挿入出来るように造られていることはその滑らかに磨き上げられた石の様子からも見ることができるそうだ。
対する日本国で庶民に親しまれ始めたのは江戸時代の頃からと言われている。今でいうところのデリヘルのような遊郭もあり、当時から性に対する関心も高かったことがうかがえますね。
江戸時代のエロ本ともいうべき春画にも記されるように、元祖アダルトショップなるものがあったと言われている。落語が好きな男性なら一度は耳にしたことがあるであろう『四つ目屋』がその正体である。もともとは媚薬と秘具(アダルトグッズ)専門店である。
現在風俗店で使用するようなバイブレーションの機能はないものの、水牛の角やべっ甲などを用いた道具が売られていたという。また四つ目屋道具という隠語ができるほどにアダルトグッズの普及と人気はかなりのものであったこともわかりますね。
しかしやはり堂々と買うには少々気後れしますよね。男はもちろん、女性の購入者も多く店内に煌々と明かりが点くことはなく、購入者に配慮された店の造りになっていたようです。本物の女の園である大奥などへはグッズの配達にまで行ったようですね。
今でこそ市川デリヘルではお馴染みとなったバイブやローターができたのはそれからずっと後の昭和の時代に入ってからだという。形は変われど風俗もアダルトショップも昔から人気のあるものであったことに間違いはなさそうだ。

昨今では堂々と風俗の情報も収集できるようにはなってきたが、こうしたグッズや春画などが残っていることからも、昔から人々の好奇や興味を惹く隠れた魅力があるのが『エロス』なのではないだろうか。性別に問わず、やはりいつの時代も性というものは人々の関心を集めるものなのですね。
昔から大人の関心を集めて止まない『夜の営み』を堪能するのであれば、やはり大人の道具もプロと一緒に使うことがベストだと思いませんか。パートナーに内なる心を打ち明けるのはかなり勇気のいることですが、プロフェッショナルなテクニックを持っている風俗嬢たちであればお互いに安心して遊ぶことができるというものです。
市川デリヘルでプロ並のテクニックをもった女性と心ゆくまでアダルトグッズを堪能することができるはずです。割り切った関係で、新たな快楽への扉を開けてくれるかもしれませんよ。

市川デリヘルの風俗情報に戻る>

デリヘル情報 デリノート運営事務局