デリヘルの受付スタッフが話す女性のイメージは盛りすぎ


2016.10.29 

デリヘルで風俗嬢を選ぶ基準にも様々ありますが、決めきれない時などにはスタッフにお薦めを聞いてみるというのも一つの方法ですね。最終的に決定権があるのはお客様側ですが、優柔不断な男性はその店の電話に出たスタッフの事場を頼りにすると思います。

受付電話スタッフが風俗嬢のイメージを伝えるのは個人的主観

デリヘルに電話して『いい子いますか?』と聞けば100%の確立で『美人の風俗嬢を案内できますよ♪』と言ってきますよね。ところが実際に出逢ってみたデリヘル嬢を見れば、あの電話受付のスタッフがしたアツい説明はいったいなんだったんだよ!と思うくらいのギャップは少なからずありますw
デリヘルの電話番スタッフの仕事は、如何に効率よく女性を案内するかという点もあり、女性のイメージを伝える際には、仕事で成約本数を引き上げる目的として、『個人的な主観での印象』を前提に女性の魅力を最大限伝えているだけにすぎません。そこで如何にお客を成約させるかという目的ですので、説明に『盛りすぎ』感は少なからずあるという訳ですね。
受付の電話番を担当するスタッフに求められるのは、言葉が丁寧であり駆け引きが上手い男性を採用する事が多いです。なにせ案内中のデリヘル嬢がどの子は何時にどこのホテルから出てくるから、どの送迎スタッフを行かせるなど司令塔の役割をする事にもなるのです。それだけに、機転が利くスタッフでなければ到底こなすことができません。
風俗嬢の在籍人数が少なくて専属送迎スタッフがいない店ならいざ知らず、人気のあるデリヘル店の電話番スタッフは結構大変な仕事だと思います。特にお客様の理想に応えつつも案内したい風俗嬢のイメージをうまく伝える場合です。ある意味最初から多少の尾びれ背びれを付け加えて言っているだけに、後から客からクレームが来るという可能性も考えられるのです。そういった場合には丁寧に謝りながら『私からみた彼女の印象を正直に伝えました、個人的なイメージとして伝えているので個人差は勘弁して下さいねw』などちゃんと後のトラブル対策を考えているスタッフさんに勝てる訳ありませんねw

市川デリヘルの風俗情報に戻る>

デリヘル情報 デリノート運営事務局