風俗嬢は当たりとハズレが極端


2016.10.29 

私の場合、風俗デビューは先輩に飲みに連れられて、酔っ払ったらその勢いで風俗遊びというのが定番だったとなりますが、同様の経験をした方も多いのではないでしょうか。そして初めての風俗店で案内された女性のレベルが低ければ『やっぱしょせん風俗嬢』と、過度な期待などせずに割り切れるでしょうし、想定外に極上の美人さんが案内されたとなれば、その密の味を求めて風俗通いが癖になったという人もいるでしょう。彼女や嫁は別物ですが、お金を払って楽しむとなれば色んな女性と楽しみたいと思う男性が多いです。しかし毎回確実に当たりを引けるかと言えば難しいですよね、幾度の失敗を重ねた経験を活かして失敗をしないデリヘル遊びが堪能できるというのが現実的な話かもしれません。

風俗嬢の当たりを引くコツ

基本的に気に入った女性に出会ったならば、1回だけの出会いではなく何度か本指名として通う事をお薦めします。芸能人みたいな特別な女性でなくても良いのです、フィーリングが逢うとか、ちょっと気になる程度の女性で構いません。1回だけでは互いに初対面だけにその女性の本当の意味での雰囲気を味わう事ができません。二度目以降となれば親近感も出てきたり、前回のプレイで安心してくれているなど一歩踏み込んだ雰囲気に気が付く事ができます。また、デリヘルで本指名ともなれば言わずとも『お客が気に入ったからまた本指名として帰ってきた』と判断するだけに、自分を認めてもらったと喜ぶんです。 では、その当たり嬢をどうやって見つけるかという問題ですね。

・風俗嬢の年齢は少し上と見るべき
・スリーサイズを信じるな、写真を基準としろ
・写真修正が大幅なお店は当たりはいない
・指名料だけはケチるな、フリーは絶対ハズレが案内される
・コメントで明るいなどの性格面は本当、容姿に関しては嘘かもしれない
・写真で気になった子がいたら、すぐの案内が難しくても待つ価値あり

風俗店がハズレの女性も雇う訳

風俗でハズレを引いたなんて経験は星の数ほどありますが、ハズレと言っても驚くほど酷い女性も風俗店が雇っている場合が多々あります。デリヘルでハズレを雇えばお店の印象が左右されるだけに、可愛い子だけ雇えばいいじゃないかと思うのですが、実際に納得の美人なんて本当にごくわずかしかいないというのが現実です。そしてその少数の女性だけでお店の運営は賄えないというの事実ですね。
デリヘルは素人女性がアルバイトしているだけあってデリヘルの専業とは限りません、出勤は女性の都合が全てというだけに生理もあれば体調不良の時だってあります。そしていつ辞めるのかも自由なだけに風俗店からすれば商品を揃えるという意味でも、多数の女性を在籍させていかなければ運営がなりたちません。それだけにハズレだなと判っていても入店させるという訳ですね。
『当店は厳選された美女だけを集めてます!』なんて言葉を鵜呑みにしているうちは風俗初心者という事かもしれませんね。

市川デリヘルの風俗情報に戻る>

デリヘル情報 デリノート運営事務局