千葉のデリヘルの仕事に対する本音


2016.10.25 

千葉でも毎回デリヘルを利用することを楽しみにしている男性は多いと思います。
中でもお気に入りの風俗嬢や相手をする女の子をヒィヒィいわしたるで?!と張り切り、頑張ってイカセようと目論んでいる男性。ただ、デリヘル嬢の中には仕事だからこそイキたがる子とそうでない子がおり、二分化されてもいるのです。

仕事熱心なデリヘル嬢

まず第一にデリヘルはプレイでも体力の消耗が激しい仕事なだけに、いくつかの予約が入っている事が事前に分かっている場合は体力の配分を考えながらお仕事をしているという風俗嬢はものすごく多いのです。ベテランになればなる程どのお客にも平等に、と思うからこその配慮でもあります。
ここでイってしまったら、次のお客の元へいったときには疲れ果ててしまい本来のプレイすら危ういという状況にもなるからです。
また『仕事』だからこそプライベートのようなオーガズムを感じることができないというデリヘル嬢もいたりします。もちろん全く感じないわけではありませんが、どちらかというと男性に尽くすタイプのプレイが得意だという印象があります。

男性のためにイク事が仕事

一方、イキたがるデリヘル嬢というのもいるものです。
もともと変態だからとかエッチなことが好きだからという、デリヘルが天職だと自負するほど性欲旺盛な女の子がいるのも事実。割合としてはかなり少ないものの、やはり稀に真の変態がデリヘル嬢の中にもいるのですね。こういった風俗嬢はプレイスタイルが攻守共に得意で、男としてはできればこう言った子と遊びたいと思ってしまうものですね。
いずれにしても気持ちよくなれれば良いという単純でシンプルな男と働く側の女の子の意見が噛み合わなくとも、終わりよければ全てよしというところでしょうかw
この辺り、男性はあまり深く考えずにデリヘルを利用したほうが楽しめそうですね。

千葉デリヘル情報に戻る>

デリヘル情報 デリノート運営事務局